HOME > トッピクス > 屋内の熱中症対策について

屋内の熱中症対策について

| landfreedom |

今年の夏は例年にない記録的な猛暑が続き、「熱中症」に厳重な警戒が必要であると言われていますね。

「熱中症」は炎天下で起きると思われがちですが、実際には高温で湿度の高い屋内でも「熱中症」になってしまう可能性が充分にあるのです。

そこで今回は、屋内の「熱中症対策」についてご紹介したいと思います。

熱中症の症状について

熱中障害による全ての症状が「熱中症」であると言われています。
症状が軽いからと言って見過ごすことなく、重症化する前にしっかりと治療しましょう。

重症度1

手足のしびれ、立ちくらみ、めまい、筋肉のつりなど

重症度2

偏頭痛、吐き気、倦怠感、意識混濁

重症度3

意識を失う、ひきつけ、痙攣、歩行困難、発熱

 

熱中症が起きた時の対処法

重症度1

まずエアコンの効いた室内か、風通しのいいに涼しい日陰へ移動しましょう。
「経口補水液」「スポーツドリンク」で水分とミネラルを補給しましょう

重症度2

上の対処法に加えて、衣服をゆるめ、首や脇の下を保冷剤で冷やしましょう。
症状の改善が見られないときは、医療機関で受診してください。

重症度3

衣服をゆるめ、ただちに医療機関へ連絡してください。

 

熱中症対策について(予防)

高温の中では発汗の量が多く、体内の水分とミネラルが失われます。
屋内にいても「熱中症」の予防のためにこまめに水分を補給しましょう。

運動の前後だけでなく、起床時や、入浴の前後は必ず水分を取るようにしましょう。

「水分」だけでなく失われた「ミネラル」を補給するためには
「スポーツドリンク」が適しています。

また、環境省の熱中症予防情報サイトでは、冷房時の室内温度は28度が推奨されています。
体調が悪くなる前に、エアコンの利用を心掛けて下さい。


株式会社ランド・フリーダム http://www.landfreedom.co.jp/
不動産買取家 http://www.fudousankaitoriya.com/