HOME > 不動産入門 > 暖房器具の効果とコストについて

暖房器具の効果とコストについて

| landfreedom |

今年も
残すところあと僅かですね。

今年の冬は寒気が強く、
積雪量も例年より多くなると予想されています。

そこで今回は
暖房器具の効果とコストについて
ご紹介したいと思います。

効果の比較

それでは、各暖房器具を
効果の高い順に紹介いたします。

 

1位 ガスファンヒーター
瞬時に温かい熱風が放出され、
室内全体が暖かく保たれます。

2位 石油ファンヒーター
灯油を利用して熱風が放出されます。
ガスと比べると暖かくなる速度は少し落ちますが
室内の暖かさは十分に保たれます。

3位 エアコン
北海道や東北以外では、活躍できる暖房器具です。
最近のエアコンは能力が高く
室内の温度や湿度に合わせて様々な設定ができます。

4位 セラミックファンヒーター
電気によって発熱して暖かくなります。
コンセントさえあれば、室内の色々な場所で
利用できます。
パワーが弱いので、狭い室内や、脱衣所などで
活躍します。

 

温める場所によって
暖房器具を使い分けると効率的に暖かく過ごせそうですね。

 

光熱費の比較

つづいて
各暖房器具の1時間あたりのコストを
比較してみましょう。

ガスファンヒーター  1時間約20円程度
石油ファンヒーター  1時間25円程度
エアコン  1時間17円程度 (10年前は1時間30円)
セラミックファンヒーター  1時間30円程度

いかがでしょうか?

エアコンは光熱費が高いと思いがちですが
最近の機種は機能面でもコスト面でも
とても良くなっています。

暖房器具のご利用や
また新しく購入を考えている方

参考にしてみてはいかがですか?


株式会社ランド・フリーダム http://www.landfreedom.co.jp/
不動産買取家 http://www.fudousankaitoriya.com/